パーソナルデータ

  1. 2014/07/16 【セキュリティ, ブログ】 ベネッセ顧客情報漏洩からパーソナルデータ大綱における名簿屋規制を考える

    ベネッセ顧客情報漏洩からパーソナルデータ大綱における名簿屋規制を考える

    ベネッセから760万人以上の顧客情報が漏洩 進研ゼミなどを運営する、通信教育大手であるベネッセからの流出が連日ネットを騒がせています。本日(07/16)の報道では、ベネッセ子会社社員のSEが情報を持ち出し名簿業者に売却したことを認め、警視庁が正競争防止法違反の疑いで近く立件予定と報じられています。 MSN産経ニュースによれば、「素人のSEが業者に持ち込んでも門前払いにされるのが普通で、警察に通報される可能性もある」と語る業者もおり、どのような流通ルートを通って拡散していったのか今後も究明されていくでしょう。 その中で、流通に携わった名簿業者の責任も問われることがあるかも知れません。 この事件は...

  2. 2014/03/20 【ビッグデータ, ブログ】 2014年前半は法律雑誌で情報系の話題が熱い|ビッグデータやパーソナルデータを考える

    パーソナルデータはオープンデータ? 新聞記者が、駅で撮影される顔写真を「オープンデータ」と述べたことが話題になっています。 これが単に「ビッグデータ」と書き間違えただけならいいのですが、もし本当にそう考えているなら大問題です。 いったい誰に取材してでの発言なのか頭が痛いところですが、今回はとりあえずそこは置いておきましょう。 表題の通り、2014年前半は法律雑誌で情報系の話題が熱いです。 私自身は情報系の人間ですが、職場は法律系ということで幸運にも法律雑誌に触れる機会が多くあります。 というわけで、私の目にとまった雑誌をいくつか紹介させていただきます。 ジュリスト 2014年3月号「ビッグデー...